母子家庭や寡婦への無利息融資|無審査・無利息・親子ローンの注意点

母子家庭や寡婦への無利息融資

無利息で融資を受けることができる人もいます。
融資を受けたら返済時にはかならず利息がつきものですが、母子家庭または寡婦を対象とした無利息融資があるからです。
配偶者がいない女性の家庭で、成人していない子供を育てているところが母子家庭です。
母子家庭で20歳未満の子供を育てたことがあり、結婚していない女性を、寡婦という言葉で定義しています。
地方公共団体の融資を利用すれば、母子家庭や寡婦は無利息でお金を借りられます。
子育てをサポートするための制度であり、母子福祉資金や、寡婦福祉資金貸付という制度を使うというものです。
この制度で受けられる融資は13種類もあり、多くが無利息で融資を受けることが可能です。生活資金、住宅資金、転宅資金、結婚資金の4種類は無利息ではありませんので要注意ですが、かなり低金利ではあるそうです。
融資を1カ月までと限定している生活資金もあります。医療介護資金を利用している時や、技能修得中には条件の制約がありますので気をつけてましょう。
借りたお金の返済ができなくなったというときは、延滞の期間によっては違約金を請求されることもあります。
事前にきちんと情報を得て、母子家庭や寡婦家庭での無利息融資ができるか調べましょう。地方公共団体によって条件が違っていたりします。