無利息で融資をしてもらう方法|無審査・無利息・親子ローンの注意点

無利息で融資をしてもらう方法

融資を受ける場合、普通は利息がかかるものですが無利息で融資を受ける方法もあるといいます。
金融機関から無利息で融資を受ける方法と、地方公共団体などから融資を無利息で受ける方法があります。
個人に向けて、少額のお金を貸すサービスが、キャッシングと呼ばれます。
もともとは、金融機関が利息という利益を得るためにキャッシングができました。最近多いものに、無利息のキャッシングがあります。
金利なしで融資をする、借入額と返済額が同じというものです。
多くの場合、初めての顧客だけが無利息でのキャッシングを利用できます。
無利息キャッシングは民間の金融会社によく見かけます。
無利息融資のキャッシングサービスは、新規顧客を獲得すること目的としたものだといえるでしょう。
地方公共団体から受けられる無利息融資の代表は奨学金です。奨学金とは、学ぶ意欲はあるけれど進学費用がないという人が利用するお金です。
奨学金は法人や、地方公共団体から受けられるもので、無利息での借り入れが大半です。
全ての奨学金が無利息というわけではないですが、金利については普通の融資よりら安く済みます。
仮に、進学費用のあてがないという人は、奨学金を利用して無利息でお金を借りられないかを確認してみましょう。

 

 

無利息融資の種類

無利息融資という言葉をよく耳にするようになってきました。
消費者金融会社などがこぞって行っている無利息キャッシングはよく知られていますが他にはどんなものがあるのでしょうか。
高齢者世帯、障害者世帯、低所得者世帯の生活を支援するためにつくられた無利息融資の制度が、生活福祉資金貸付というものです。
経済的自立を促進するための融資であり、在宅福祉の充実や、社会参加者の増加などを目的としています。無利息で融資をすることで、所得が低くでも就学資金が確保しやすくなります。
介護を目的とした融資が必要な場合や、高齢者、障害者、低所得者の世帯には融資が無利息で利用可能です。
生活福祉金貸付を希望するという人は、無利息で融資が受けられるかどうか、福祉事務所などでまず話を聞きましょう。交通遺児等貸付というものもあります。
自動車事故によって保護者が死亡または重度の後遺障害が残ってしまった場合、子どもの健全な育成を図るために融資されるものです。
義務教育が終了するまで、交通遺児貸付を利用することができますが、貸し付けが終わってから14年が経つと融資の返済が迫られます、義務教育終了後、高校や大学に進学した人に対しては返済までに猶予があります。
就農支援を目的とした就農支援資金も無利息融資です。無利息で融資を受けることで、就農するために必要な技術を身につけたり、設備を整えたり、必要な器機を揃えたりといったことがしやすくなるようにしています。
無利息で融資を受ける条件が自分には揃っているのか、最初にチェックしてみるといいでしょう。