親子ローンとは|無審査・無利息・親子ローンの注意点

親子ローンとは

親子ローンとは、親子で住宅ローンの返済を引き継ぐタイプのローンです。
金融会社によって差はありますが、住宅ローンの返済は75〜80歳までと決まっています。
住宅ローンを50歳や60歳になってからは長い期間借りることはできないのです。
フラット35を利用したくても、50歳以上になると審査のときに落ちてしまうでしょう。
ローンを1人で組むよりも融資条件をクリアしやすい親子ローンなら、借入金額を多くしたり、返済期間に余裕を持たせることもできるでしょう。
25年〜35年の長期のローンを組むことが60歳以上の人でも、親子ローンにすればできるようになります。
二世帯住宅や、将来は親子で同居したいという人にとっては使いやすいローンです。
親子で融資を受け、共同で返済することができますので、金融会社の信用評価もぐっと高くなるわけです。
この先同居を予定しているか、現在同居している親と実子または養子が親子ローンを組むことが可能だそうです。親子が共有しているか、またはどちらかかが所有しており、親子や親子の家族が一緒に住む目的である場合に限られるのが、購入する住宅の条件です。安定した収入が親子どちらにもあることや、親の連帯債務者に子がなることなどがほかに必要となります。
団体信用生命保険に親子の双方が加入するなど、いろいろと親子ローンは金融会社によって条件が異なるようです。

 

親子ローンの注意点

親子ローンは、住宅ローンの返済を親子で引き継ぐローンです。
親子ローンは利点もありますが、注意すべき点も多い融資方法です。実際に親子ローンを組む場合には、親子共々理解した上で納得するためにも、しっかりと親子で話し合って本当にそれでいいかよく考えることが大事です。
子どもが新しく家を買おううとしても、また自分で住宅ローンを組むことは、親子ローンを利用している場合には不可能となります。
親子ローンを組んだ時点で、子どもは既に連帯責任者になっていることがその理由です。親と一緒に住むことを前提とした親子ローンを、未婚の子どもが結婚後の生活スタイルが決まっていないうちから組むのはちょっとおすすめできません。
子どもの場合、将来的な転勤や、遠隔地への赴任の可能性もあります。
住宅を購入することで、将来の選択肢を狭めてしまうことがないようにしましょう
。住宅ローンを親が主導で検討し、親子ローンを組む時に大切な決定に子どもが関係していないこともあるそうです。
あとからローンが重荷になることも、気軽にローンを組んだ場合にはあるでしょう
。親子間のトラブルが何らかの理由で起こって、一緒に住めなくなる場合もあります。
いろいろと人生には、何が起きるかわからないことがあります。親子ローンを組む時に不可欠なのは、しっかりと話をしてから決めることです。

 

親子ローンの種類

親子ローンには、親子リレーローンと、親子ペアローンの2種類があります。
親子リレーローンは、最初は親が住宅ローンを返済し、途中で子どもが返済を引き継ぐというものです。
実際に親子リレーローンを組むために必要なのは、子が親の連帯債務者に、親子が同居するという前提でなることです。
親子リレーローンのメリットは、親の収入の範囲なら、子どもの収入も一緒に計算してローン審査を受けられることです。
ローンを親だけ、子だけで組む時よりも増やせるのが借入金ですので、新築の家に家族全員で住むという願いもかなうでしょう。
人気があるのは、フラット35という住宅金融支援機構で取り扱っている親子リレー返済です。
一方、親子ペアローンは親と子がそれぞれ融資を受け、一緒の家を買う資金にするというものです。
親子ペアローンでは、子が親の、親が子の連帯債務者になります。それぞれ親と子が単独債務者になって返済をするのが、リレーローンと異なる部分です。
それぞれの収入に基づいてローンをペアローンの場合も組むことができますので、高額の借り入れが通常のローンよりはできるでしょう。
親子がどちらも固定資産税の軽減をすることができるのも良いところではないでしょうか。
どんな特徴があるかしっかり調べてから、親子ペアローンと親子リレーローン、どちらがいいかを決めるようにしたほうが良いでしょう。